―工法―

日本の伝統工芸 住宅の主流

日本でもっとも広く普及しているのが柱と梁で構成される在来工法、あるいは軸細工法といわれる工法です。木の香りを残したい、といった伝統的な木の文化の中で育ってきた日本人には、無垢の木を使い随所に木の温もりを感じることが出来る工法なのです。

また耐震面については、阪神大震災の検証を踏まえ平成12年に改訂された現在の建築基準法では構造面が非常に細かく規定され、十分に大きな地震に対応できる構造に変化しました。

 

【構造の特徴】
・土台、柱、梁と筋交い、火打ち梁で構成
され耐震面は筋交いなどが受け持ちます。
・筋交いの量と配置のバランスが耐震上の決め手となります。

【外壁・外観】
・外壁材料はどんなものでも可能で
極めて自由度が高い。
・屋根形状も自由にできます。

【レイアウト】
・専門的に構造解析すれば、長大空間も可能。
木で造られた体育館やホールなども可能。
・レイアウトの自由が一番高い工法です。

Copyright © ydy style All Rights Reserved.